【TWICE】MINAの3Dモデルは実用的に使えるのか?!

TWICE ミナ

FaceGen ArtistというWindowsソフトを使うと、顔写真から3Dモデルが顔に限って簡単かつ精密に作れますが、では実際にどれだけ実用的かについて試したので紹介します。

実はFaceGen ArtistDAZ Studioという無料の3DCGソフトに3Dの顔データを出力することを目的として作られているので、それ単独では使い物にはならないと考えていました。

ところが最近になってその認識が変わってきました。というのは、FaceGen Artist単独でかなりの顔データの編集が可能なことに気が付きました。例えば顔の各パーツの形や配置や色などが細かくスライダーで設定できます。

今回はこれらの編集機能は使わずに、どれだけ3Dモデルの顔が元の写真と似ているかについて試したので紹介します。

広告

モデルの顔写真にTWICEのMINAを用意

芸能人なら誰でもかまわないとは思いますが、各パーツがハッキリした人物が好ましいと思います。 

FaceGenに読み込む

下に「NEXT」ボタンがあるのでクリック。

顔の各パーツの位置を指定しモデリング

左耳のこめかみの位置をクリックすると以下の画面になります。

下の「Create」ボタンをクリックすると顔認識と3Dモデル化が実行されるので少々待ちます。

3DモデルのMINAが左側に表示されます。この段階ではけっこう似ている感じを受けます。本来ならDAZ Studioに書き出すために次に進みますが、今回はここで表示された写真画像をキャプチャーして使います。

広告

画像編集ソフトで元画像に合成する

今回はAutoDeskの「Pixlr Editor」を使いました。ブラウザ上で使えるオンラインソフトなので無料ですしインストールの必要もありません。レイヤーが使えます。

左が元画像の100%で、右が3Dモデルのスクリーンキャプチャー画像で100%です。
先ず初めに3Dモデルを元画像の上に被せてみます。

まあ当然と言えば当然ですが、こんな感じのいかにも被せたことがわかる画像になり使えません。

次にレイヤーの順序を変えて元画像を上に持ってきて、必要な部分を消しゴムで消して下にある3Dモデルの部分を露出させてみます。

上記は目の周りのみですが、場合によってはこれだけで十分なケースもけっこうありそうです。

上にある元画像の不透明度を下げて半透明にして位置関係を見ます。今回はピッタリと重なる3Dモデルでは無さそうだったので、目を中心に合わせて他はごまかすことにしました。

まとめ

結果的にはあまり似ていませんでしたが、途中の画像を見ていただければ実用的に使えるレベルにあると思います。FaceGenと画像編集ソフトだけを使うメリットは、3DCGソフトに比べて短時間で完結する点にあると思います。

以下の画像は「似せる」ことを無視して、FaceGenで使える設定スライダーをかなり大胆に動かして変化を見ました。

特に目の周りや唇は簡単なメークアップくらいならできそうです。
次回はDAZ Studioでレンダリングした後で元画像と合成することを試みます。こちらの場合は特に合成しなくても単独で画像が成立できますが、合成する方が短時間に結果を出せます。
ではでは、きらやん
(Visited 21 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする