【Twice】日本人メンバー、韓国人も恐れる激辛に挑戦?!

TWICE

Twiceの日本人メンバーミナ、サナ、モモと台湾出身のツウィが、韓国のコンビニエンスストアの辛いカップ麺を食べることに挑戦した。Twiceなどが出演するMBCのバラエティ番組「マイ・リトル・テレビジョン」が放送された。

Kstyleの記事から引用

ガールズグループTwiceの日本人メンバーミナ、サナ、モモと台湾出身のツウィが、韓国のコンビニエンスストアの辛いカップ麺を食べることに挑戦した。

22日午後、Daum TVpotではキム・グラ、イ・ヘジョン、チョン・ジュナ、TWICE、ハン・ヘヨンなどが出演するMBCのバラエティ番組「マイ・リトル・テレビジョン」が放送された。

後半戦で「韓国コンビニエンスストア料理モクバン(食べる放送)」に挑戦したTwiceの4人は、辛さで有名な“プルダック”(辛いタレで炒めた鶏肉の料理)麺に挑戦した。一口食べたサナは「思ったより耐えられるぐらいの辛さ」と楽しそうに伝えた。

ネットユーザーたちは「チーズを入れて食べる」と教えてあげて、これを見たミナは「チーズが溶けなさそうだ」と心配した。

韓国人さえも辛いと恐れるカップ麺を予想に反してよく食べる4人の姿を見たネットユーザーは「本当に外国人なのか」と聞き、笑いを誘った。

1stミニアルバム – THE STORY BEGINS (韓国盤) Import

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

韓国の人は本当に辛い料理が好きなようで、私が思い出すのは、KARAがまだ5人のメンバーの時に日本のバラエティー番組で、40倍スープカレーを、5人全てが何食わぬ顔をして食べているのを観て驚きました。

Twiceには3人の日本人メンバーが居ますが、韓国語が上手くてどれがその3人なのか見分けがつかないくらいです。日本人が韓国語を流暢に喋って、その動画にすかさず日本語字幕が付くという再帰現象が観られます。最近の動画です。

TWICE スケッチブック トークcut(日本語字幕)

デビュー1ヶ月ですか・・・世の中のスピードに付いていけない私ですが、彼女たちはこの現実をどう受け止めているのか? この動画を観ると、当たり前のように受け止めているように感じます。

おそらく芸能界の世界というのは、もの凄く長い期間、淡々とトレーニングに明け暮れる期間があって、デビューしても何年間か崖っぷち状態で頑張る。それが誰かの目に止まってブレークする。

そんなパターンが多いような気がしますが、Twiceはいくつかのプロセスを省略しているようにも思えます。それが吉と出るか凶と出るか、今後が楽しみです。頑張れ!

ではでは、きらやん

(Visited 502 times, 2 visits today)

シェアする

フォローする