【K-POP】TWICEとBLACKPINKの人気度をGoogleとYouTubeで調べてみると?!

TWICE BLACKPINK

TWICEはK-POPガールズグループで人気がトップなのか?BLACKPINKとの比較をGoogle検索数とYouTube再生回数で行ってみたので紹介します。Google検索数ではBLACKPINKの勝ち、YouTube再生回数ではTWICEの勝ちとなりましたが?

Google検索数による人気度の比較

グループ名に一般名詞が含まれているのでグループ名だけだと他の記事も拾うので、「kpop」を付けて検索しました。

TWICEとBLACKPINKの比較がメインですが、Red VelvetとGFRIENDの検索数も参考に記しています。
(2017年1月28日時点)
・Twice kpop:  617,000件
・Black Pink kpop:843,000件
・Red Velvet kpop:589,000件
・GFRIEND kpop:2,740,000件

参考までに、2017年8月12日時点での同様の検索数も以下に記します。
・TWICE KPOP:   611,000件
・BLACKPINK KPOP:  760,000件
・Red Velvet KPOP:  1,100,000件
・GFRIEND KPOP: 1,600,000件

BLACKPINKの方がTWICEより検索数が多いという意外な結果となりました。さらに意外なのは、GFRIENDがそのBLACKPINKの3倍(現在は2倍)以上の検索数があることです。さらに、Red Velvetが最近ではBLACKPINKを抜いてGFRIENDに迫りつつあります。

後で述べるYouTube再生回数ではTWICEやBLACKPINKの半分以下ですが、こと韓国内の再生回数はBLACKPINKを抜いてTWICEに迫る勢いです。

こういった数字は単独で見るとおかしな判断になると思います。いくつかの指標を横断的に見て総合的な判断が必要な時代になってきたように感じます。

YouTube for Artistsによる人気度の比較

以下に出てくるYouTube再生回数は、普段目にする動画の再生回数とは別物の数字となっています。アーティストどうしを同じ尺度で比較はできますが、再生回数の絶対値は異なります。

ざっくり言うと通常の再生回数の2倍程度の数字になっているので、それを念頭に判断する必要があります。

この理由は、単純にミュージックビデオそのものの再生回数を集計したものではなく、そのミュージックビデオ以外の関連する動画の再生回数も合計した数字となっています。ですから、例えばTWICEの「TT」の再生回数であれば、YouTube for Artistsでは約6億回なのに対して、ミュージックビデオそのものでは約2億5千万回となっています。

BLACKPINK: Black Pink

BLACKPINKのメジャーデビューは2016年8月8日なので、再生回数の期間は2016年8月8日から2016年12月31日としました。他のアーティストもそれに合わせて比較しています。

国別の再生回数トップ10は以下です。

Black Pink

特徴は、USが4位に来ていることです。たしかにUS iTunesのランキングを見ていると、BLACKPINKがTWICEより上位に居るケースが目立ちます。

TWICE:

Twice

国別では以下です。

Twice

特徴は、日本が3位に来ていることです。BLACKPINKと同様に韓国以外の国でもよく視聴されている世界的なグループだと思いますが、こうして国別のランキングを見てみるとそれぞれのグループのカラーの違いが浮き彫りにされます。

参考までに、GFRIENDのデータは以下です。

GFRIEND

国別は以下です。

GFRIEND

TWICEやBLACKPINKに比べるとGFRIENDは韓国内で視聴される比率が非常に高いことがわかります。そのせいか、トータルの再生回数はTWICEやBLACKPINKの半分以下と大きく水をあけられています。

まとめ

BLACKPINKとTWICEと言うと、なぜか2NE1と少女時代を思い浮かべてしまいます。
2NE1 – ‘안녕 (GOODBYE)’ M/V

人気や流行が過ぎ去ると解散して、ソロとして新しい道を歩み始めるのが常なのですが・・・

SNSD X TWICE – You Think/Touchdown (MashUp)

こうして少女時代とTWICEを比較してみると、それぞれの年代の女性の魅力が発揮されていて、どちらが上とか下とか比較できるようなものではないと思います。ひとつ言えることは、どちらも時代とともに進化し続けているグループだということですね。

「文化とは、過去の優れた資産を、新しい感性で再構築したもの」

ではでは、きらやん

(Visited 2,833 times, 32 visits today)

シェアする

フォローする