【Twice】アルバム15万枚突破!今年の韓国ガールズグループで“最高記録”?!

TWICE MOMO

TWICEの2ndアルバム「PAGE TWO」の売上げ枚数が15万枚を突破し韓国でのセールス記録を更新中なので紹介します。最近の日本の女性アイドルグループのシングル初週売上げ枚数と比較してみました。1週間と4ヶ月の違いがあるけど?

Kstyleの記事から引用

JYPエンターテインメント

ガールズグループTwiceが4月に発表した2ndミニアルバム「PAGE TWO」が8月12日、ガールズグループにとって“魔の壁”と呼ばれる売り上げ15万枚(GAONチャート基準) を突破した。

Twiceのアルバム「PAGE TWO」は5月中旬に売り上げ10万枚を達成したことに続き、今月12日には15万枚を突破した。これでTwiceは今年ガールズグループのうち、最高の売り上げを記録したことはもちろん、2010年代にデビューしたガールズグループのうち、単一アルバムで売り上げ10万枚を突破し、初めて売り上げ15万枚を突破したガールズグループになった。

これは発売されてから4ヶ月も経っていないにも関わらず、打ち立てた記録でさらに特別な意味を持つ。そして着実な売り上げを見せていることは、着実にファンを増やしている証拠で、目を見張るほど成長したと言える。Twiceの新記録は音源とYouTubeでも続いている。

タイトル曲「CHEER UP」は韓国最大の音楽配信サイトMelOnで2016年リアルタイム(562時間)、デイリー(24日) 最長1位の記録はもちろん、MelOnの週間TOP5 に12回もランクインし、2010年代1位の記録を打ち立てた。また、16週連続TOP10入りし、所属事務所のJYPエンターテインメントの先輩グループWonder Girlsのヒット曲「Tell Me」(17週) に続き、ガールズグループTOP10最長2位にランクインしている。

GAONデジタル週間ランキングでも8回もTOP5入りし、2010年代以降最長の1位記録を保有している。「CHEER UP」は4月末に発売された楽曲という弱点にもかかわらず、相変らずランキングが高く、今年音源ランキング(累積) 1位記録も期待されている。

また「CHEER UP」のミュージックビデオはYouTubeで8月16日午後2時、再生回数約7千255万回を記録している。K-POPアイドル史上最短で再生回数5000万回を突破した「CHEER UP」は、K-POPアイドル史上最短で1億回を突破する可能性もあると予想されている。

2ndミニアルバム – Page Two (ランダムバージョン) (韓国盤)Import

まとめ

J-POPのオリコンランキングで考えると、アルバムセールス15万枚はそれほど大した数字ではないように思われますが、8月3日に日本で同時に発売されたNMB48とApinkとAOAのシングルの週間ランキングは以下のようになりました。
Apink オリコンランキング
K-POPのApinkとAOAが1週間で4万枚を売りましたが、NMB48は30万枚と1桁違います。最近の日本でのシングルCD初週売上げ枚数の全体像がわかるリストは以下です。

NMB48 CD

このリストにはNMB48の「僕はいない」がなぜか入っていないですが、30万枚だと乃木坂46の下に入って5位となります。そうすると、TWICEの15万枚を超える枚数を1週間で売っているシングルは9タイトルあります。

TWICEの15万枚は1週間ではなく、4ヶ月かけて達成した枚数ですし、アルバムなので上記の数字と直接は比較できないですが、日本で人気のApinkとAOAがそれぞれ初週4万枚だったことを考えると、やはり新人グループとしては異例のセールス記録だと言えると思います。

最近になってBLACK PINKがデビューしてTWICEを追い上げていますが、それまではGFRIENDがTWICEのライバルと目されていたので、正統なライバル出現というところでしょうか?
BLACKPINK – ‘붐바야(BOOMBAYAH)’ 0814 SBS Inkigayo

160805 TWICE(트와이스) – CHEER UP Live [1080p]

TWICEはiTunes Storeに出していないのでiTunesのランキングには載って来ませんが、BLACK PINKはK-POP部門で1位、2位を独占中です。なのでTWICEはApple MusicやSpotifyなどの音楽ストリーミングからの印税収入は入ってこないので、トータルセールスではBLACK PINKの方が有利だと思います。

ではでは、きらやん

(Visited 902 times, 3 visits today)

シェアする

フォローする