【JY】=知英(ジヨン)のデビュー曲『RADIO』がiTunesで1位に?!

知英

女優の知英(ジヨン)がJYとしてのデビュー曲『RADIO』。世界47カ国で配信されている同曲は、日本で2月17日に先行配信され、じわじわとチャートを上げてきた中、ちょうど配信してから1ヶ月の本日3月17日に、念願だったiTunesのポップ、トップソングチャート1位を獲得しました。

エキサイトニュースの記事から抜粋して引用

元KARAのメンバーで、女優の知英(ジヨン)がJYとしてのデビュー曲『RADIO』。世界47カ国で配信されている同曲は、日本で2月17日に先行配信され、じわじわとチャートを上げてきた中、ちょうど配信してから1ヶ月の本日3月17日に、念願だったiTunesのポップ、トップソングチャート1位を獲得した。

JY本人も本日3月17日に生出演したInterFM897”Happy hour!”で「iTunesのチャートで1位をとったんですよ!ホントに嬉しい、信じられないんですよー!」と喜びを隠せない様子。

当初、「JYは4ヶ国語をあやつる国際派の女性シンガーで、20代前半」という事以外の情報がまったく明かされていないにも関わらず、ドラマ”ヒガンバナ~ 警視庁捜査七課~”で主題歌とオープニングテーマのWタイアップを獲得し、新人アーティストでは破格の扱いという事で話題に。その後、3月15日に、その正体が元KARAで女優の知英だった事が発表されるや、さらに話題は拡散した。

日本デビュー曲の『最後のサヨナラ』の着うたは約2万DL。そして、海外デビュー曲となる『RADIO』は、ドラマ効果も大きく、日本で先行配信されると話題となり、配信後iTunesのチャート、2位、3位を常にKEEP。遂に本日、3月17日にiTunesのポップトップソングチャートで、グラミー賞常連アーティスト、テイラー・スウィフト、マークロンソン、ジャスティンビーバー、アリアナグランデなどの世界的アーティストを抜き去って、1位を獲得した。

『RADIO』は、ワンダイレクションやリトルミックス、カイリーミノーグなど、世界的ビックアーティストを手掛けるロンドンの制作チームが全面協力。その中でも2014年のグラミー賞最優秀ダンス・レコーディング部門にノミネートされた、若きプロデューサー“MNEK”が楽曲をプロデュースし、彼らの拠点である現地ロンドンで“MNEK”本人のスタジオにてレコーディングを敢行した。

チャートを駆け上がったのは、ドラマ”ヒガンバナ~警視庁捜査七課~”の最終回がオンエアされた3月16日の22時以降、ドラマ放送後の23時~日付が変わった3月17日未明に徐々にランキングを上げ、見事1位を獲得。

元々『RADIO』は日本以外の、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなどの海外でのみ販売する予定だったが、ドラマで初オンエアされた後、発売を要望する声が国内で多数届いたため、日本先行配信となった経緯がある。

昨日3月16日から世界47カ国で配信もスタートし、国際的な活躍を期待されるJYだけに、海外からの反応も楽しみな状況。

現在、この全編英語詞の楽曲『RADIO』のミュージックビデオのShort.ver.が解禁されており、謎めいた金髪のウィッグで、ダンスを披露。

ミュー ジックビデオはLAのスタジオで撮影し、監督は、RIHANNA、KESHA、Shakiraなど、世界的なビックネームのミュージックビデオを数多く手 掛ける監督Darren Craig率いるクリエイティブチームが制作。今回、このLAのミュージックビデオの際に撮影された、『RADIO』の新しいビジュアル写真も公開された。

最後のサヨナラ(初回生産限定盤)(DVD付) Single, CD+DVD, Limited Edition

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

3月16日に山のようにYoutubeにJY関係の動画が投稿されました。そのなかからピックアップして紹介します。
JY 『RADIO』MUSIC VIDEO (Short Ver.)


こんな形でKARAの全盛期を全力で駆け抜けた経験が生きてくるとは思わなかったでしょうね。何事にも全力で取り組むことの大切さを痛感します。あの頃に手を抜いていたら、今のJYは無かったと思います。

[MV] JY(Ji Young강지영) – I’m Just Not Into You [Awesome!]


JYはアーティストとしては不器用な方ではないかと思います。しかし、なぜか取り巻きのスタッフやクリエーターに恵まれている感じがしますね。その不器用さが、優れた人を吸引する力を持っているのではないでしょうか?

JY 『最後のサヨナラ』MUSIC VIDEO-unveil edit- (Short Ver.)

KARAの時代から日本を愛したJYですから、J-POPの心はよくわかっていると思います。それは、「RADIO」と「最後のサヨナラ」を歌っている歌手が同一人物だとは思わせないところによく出ているように思います。

以下の動画は、16日にゲストでJYが出演したラジオ番組なので、10分と長いですしオーディオです。時間があれば聴いてみてください。生のJYの喜びの声が聴けます。
0316 JY 知英 J-WAVE「GROOVE LINE Z」 ジヨンCUT

今はなんだか大きく見えますが、まだ22歳なんですね。KARAを初めて知った時に、ジヨンのニックネームが「ジャイアントベイビー」だと聞いた時に、何かありそうだとは思っていましたが、今になってみると、たしかに「ジャイアントベイビー」ですね。どこまでジャイアントになるのか楽しみです。

頑張れ!

ではでは、きらやん

(Visited 458 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする