【知英】が性同一性障害女性の”イケメン男子”役に挑戦?!

知英

CROSS GENEのタクヤが映画「片思いスパイラル」で女優の知英(ジヨン) と初共演する。知英が演じるのは、体は女性だが男性の心を持つ性同一性障害を持つ韓国の留学生ソヨン。知英の”イケメン男子”役がカッコイイ。

Kstyleの記事から引用

CROSS GENEのタクヤが映画「片思いスパイラル」で元KARAの知英(ジヨン) と初共演する。

CROSS GENEの所属事務所であるアミューズは2日、「タクヤが最近、日本映画『片思いスパイラル』で知英演じるソヨンを好きになる友人の一(はじめ)役を演じ、久しぶりに俳優活動をする」と明らかにした。

「片 思いスパイラル」は、体は女性だが男性の心を持つ性同一性障害を持つ韓国の留学生ソヨンがシェアハウスで一緒に暮らしている佐津川愛美演じるユキに片思い を抱き、そんなソヨンを好きになってしまった一(はじめ)。そして、ソヨンの友人の一(はじめ)が気になるユキを中心にした三角関係を描いた映画だ。7月 2日の日本公開を控えている。

タクヤは所属事務所を通じて「劇中で知英と韓国語で会話するシーンがあるが、実際に韓国で生活した経験をも とに演技したため自然にこなすことができ、自信があった。久しぶりに日本で演技をすることになったが、現場の雰囲気もとても良く、楽しく撮影することがで きた。CROSS GENEのメンバーとして現在歌手活動を主にしているが、この作品で新たなタクヤの魅力を披露できると思う」とし、撮影の感想を述べた。

タクヤは最近までCROSS GENEの3rdシングル「GAME」のタイトル曲「ヌナノマリャ」で精力的に韓国活動を行っていた。

​ ~生まれたての私~知英物語 Jiyoung Story 単行本 – 2014/11/12

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

知英がKARAを辞めた時は、「なんてわがままなやつだ!」と思いましたが、今になってみると良い決断だったと思います。女優として完璧に認められているだけでなく、今度は映画の主演です。
元KARAの知英が映画で男役に挑戦

決断自体よりも、その決断にどれだけ責任を持つかの方が重要です。日本で努力して女優の地位を確立するには相当の苦労があったと思われます。

バラエティーにも適当に出ているみたいですが、KARAの時のような、弾ける感じは無くなって、女優として節度のある身のこなしには隙が無く、安心して見て入られます。日本語もほぼ完璧ですね。
20160210 PON! 知英CUT

先輩のギュリも男役をやっているので、なんとなく雰囲気が似ているような気がしますが、気のせいでしょうか?

ではでは、きらやん

(Visited 473 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする