【f(x)】11月に日本オリジナル新曲「COWBOY」を電撃リリース?!

f(x) Amber

f(x) が日本で新曲「COWBOY」をリリースします。 f(x) の日本公式ウェブサイトによれば、新曲「COWBOY」は11月2日に発表予定で「4 Walls」の日本語バージョンも共に収録されます。アンバーの新曲「BREATHE AGAIN」も紹介?

広告

Kstyleの記事から引用

写真=マイデイリー DB

ガールズグループf(x) が、日本で新曲「COWBOY」を電撃リリースする。

本日(12日) f(x) の日本公式ウェブサイトによれば、新曲「COWBOY」は11月2日に発表予定だ。f(x)が日本でリリースする初めてのオリジナル新曲だ。該当シングルには日本オリジナル新曲「COWBOY」と共に、昨年韓国でリリースした「4 Walls」の日本語バージョンが共に収録される。

f(x) は同日、横浜で初めての単独ツアーのアンコールコンサートが予定されている。該当コンサートで新曲「COWBOY」のライブがベールを脱ぐことが予想される。

「COWBOY」は日本でシングルの発表以外には正式活動をしてこなかったf(x) が初めてリリースする新曲という点で、今後の本格的な日本進出が見通される。

また当初韓国で新曲発表の計画が発表されていなかったために、今回の新曲のニュースに多くのファンたちが大きな期待感を表わしている。

特にアルバムごとに型破りなコンセプトを披露してきたf(x) が日本で初めてリリースする新曲にも、従来のf(x) ならではのエレクトロニックダンスジャンルを組み合わせるのか、でなければ全く新しいジャンルを持ち出すのか、関心が注がれている。

f(x) the 1st concert DIMENSION 4 – Docking Station in JAPAN(Blu-ray+スマプラ)

広告

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

最近アンバーがKSUKEとコラボでリリースした「BREATHE AGAIN」です。
KSUKE x AMBER from f(x) – BREATHE AGAIN

随所に日本的なコラージュが施されていて、しかも日本人が観ると違和感を覚えるようなものですが、外国人が観ると日本的なのかもしれません。SMのアートワークやミュージックビデオには時々「ゼロ戦」だとか「広島原爆投下新聞」などの日本を象徴するコラージュが使われて話題になります。

おそらくは韓国人の反日感情を逆手にとっての話題作りだとは思いますが、一方で日本のファンにリップサービスをしたがために韓国のファンから叩かれるという、意図した話題作りなのか本当に知識不足が招いた失敗なのか、私から見ると事務所の情報管理と社員教育が少々不足しているように見受けられます。

f(x)の日本上陸は、少女時代がそうであったように、日本の音楽界に新風を吹き込む、日本と韓国の文化の融合を巻き起こして欲しいと思います。その結果としてCDが売れて話題となり、世界への道が開けるというスパイラルアップが起これば、f(x)の革新的な音楽を世界中のより多くの人に聴いてもらえる時代が来ると思います。

今年の秋にはPerfumeがドームツアーをします。Perfumeがデビューした頃は、秋葉原でストリートライブをやりながらビラを配っていましたが、3人がパフォーマンスをするのを観ていた観客は2人だったそうです。ところがその2人のファンは次のライブにも、その次のライブにも来てくれた。

テクノポップがこんなに人気が出るとは誰も思ってはいなかったですし、そもそも電子的な加工を施した声でアイドルがリップシンクで歌って、ヘンテコな振付のダンスを踊るガールズグループを当時の世の中の人はどんな目で見ていたのでしょうか?

「どれだけ白紙にできるかで、技術の半径は決まる」

ではでは、きらやん

(Visited 147 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする