【AbemaTV】ファッション・ウイーク@韓国 ソウル~英国人女性記者が見たものは?!

2019年1月25日ファッション

韓国ファッション

昨日から無料インターネットTVサービスの「AbemaTV」を観始めました。最初に興味を惹いた番組が「ファッションウィーク@韓国ソウル」です。英国人の女性記者がインタビューを通して韓国のファッションに対する考え方を探っていくのですが、とうとう整形にまで辿り着きました。

目次

Youtubeの動画紹介

AbemaTVは無料である代わりに、地上波民放と同様に放送時間が決まっていて、CMが同じ感じで挿入されます。動画のようにオンデマンドで観るには有料会員になる必要があります。

私は無料会員なので番組表を観て、その時間に観ましたが、今日になって再度観たくなったのでYoutubeを探したところありました。以下です。特に編集はされていませんでした。
ファッション・ウイーク@韓国 ソウル ファッション 整形 K-POP

K-POPとルックスと整形手術

最も印象に残った韓国の若者の言葉は、記者が「韓国人の女の子が理想とする美しさって?」と質問したところ、K-POPアイドルの卵の女の子が「欧米人のようなルックス、あなたみたいなね」と答え、「韓国人が憧れるのは、大きな目に鼻筋の通った鼻、それに丸顔が理想」と付け加えました。

さらに記者が「整形手術についてはどう思う?」と質問すると「進歩した整形技術は、積極的に使うべきだと思う」と答えています。
ファッション

しかし、少女時代を代表とするK-POPガールズグループのメンバーの顔は、必ずしも欧米人的ではない。整形をしているか否かという議論以前に、そもそもデビュー前にメンバーを選考する段階で西洋人っぽい少女を集めることはできたはずです。

どこか、何かが矛盾しているような感じがしました。うまく表現できませんが、本当に韓国人が欧米人っぽい顔に憧れているのであれば、テヨンがこれほどの人気者になるのは変な気がしますし、整形疑惑を強く否定するのも不自然な気がします。

テヨンは美人というより、個性的な女性だと思います。そんなにあちこちに居るような人ではないですね。変わり者と言ってもいいかもしれません。それでも人気があるのは、やはり中身なのではないでしょうか? 中身や本質的なものを重視するというか・・・

GIRLS’GENERATION -Phantasia-in JAPAN [Blu-ray]

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

この番組を全体を通して観ると、けっこう濃い内容なので軽いショックを受けました。そもそも普段はあまり女性のファッションについて考えることは無いので、女性が何を思ってファッションを楽しんでいるのかは私にとっては異次元の世界でした。

しかし、少なくとも韓国の女性は、ファッションと整形手術は同列で考えているようです。それは先進的なことなのかもしれません。あと数年もすれば日本の女性も同じような考えになるのではないでしょうか?

私の美しさに対する感性は主に工業製品に向けられています。20代に惚れた製品に「オリンパスペンF」というカメラがありました。

オリンパスペンF

技術革新が生み出した機能美に惚れました。このカメラは世界初のハーフサイズ一眼レフカメラでした。ハーフサイズにするためにいくつもの困難な技術的なブレークスルーを達成し、その結果としてコンパクトで軽量な一眼レフカメラが誕生しました。こういうのを私は美しく感じます。

オリンパスペンF

「ピュアー。それは、何も足さない、何も引かない」

後姿が実に美しい。

オリンパスペンF

一眼レフなのでレンズ交換ができます。私は標準38mm(ハーフでは50mm相当)とズーム50~100mm(ハーフでは70~150mm相当)の2本のレンズを交換して撮影していました。

必然性のある形は美しく感じます。その形には多くの背景があるにもかかわらず、無駄が削ぎ落とされてシンプルになります。

「簡素な形にこそ真実がある」

ではでは、きらやん

(Visited 357 times, 1 visits today)