【BoA】vs 宇多田ヒカル?!

BoA

BoAが5年半ぶりに「BoA THE LIVE」を5月に開催しますが、私の中ではなぜかBoAとかぶる宇多田ヒカルとの比較をYouTubeの動画で行ってみたので紹介します。今やアーティストに留まらず経営者としての顔も持つBoAですが?

ビルボードジャパンの記事を引用

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/47490/2

BoA、約5年ぶりの【BoA THE LIVE】を東京と大阪で開催決定

“いい歌と演奏を届けるライヴ”をテーマにしたBoAによる【BoA THE LIVE】が2011年以来、約5年半ぶりに開催される。

公演は【BoA THE LIVE in Billboard Live】と題し、東京と大阪のビルボードライブにて開催。2001年に衝撃の日本デビューを飾り、ファーストアルバム『LISTEN TO MY HEART』はミリオンセールスを記録。その後、2009年には全米デビューも果たし飛躍を続けるBoA。2016年には日本デビュー15周年を迎え、映像作品『BoA Special Live NOWNESS in JAPAN』をリリースした。

本公演のチケット予約は、BBL会員先行が2017年3月3日、一般は2017年3月10日から受付開始となる。
◎公演情報
【BoA THE LIVE in Billboard Live】
2017年5月11日(木)~12日(金)
ビルボードライブ東京
1st OPEN 17:30/START 19:00
2nd OPEN 20:45/START 21:30

2017年5月16日(火)~17日(水)
ビルボードライブ大阪
1st OPEN 17:30/START 18:30
2nd OPEN 20:30/START 21:30

詳細:http://www.billboard-live.com/

BoA Special Live NOWNESS in JAPAN(Blu-ray Disc+スマプラ)

まとめ

最初はBoAの「Only One」ダンスバージョンです。
BoA 보아_Only One_Music Video (Dance ver.)

この曲は2012年に韓国で発売された7thアルバム「Only One」のタイトル曲です。BoA自身が作詞・作曲をしていて、タイトル曲なのでセルフプロデュース色が強いアルバムになっています。所属するSMエンターテインメントは選曲に厳しく、簡単にはアーティストが自作した曲を採用しません。

次は宇多田ヒカルがまだアメリカに居た1997年にアメリカでリリースした曲です。
Cubic U (Utada Hikaru) – Close To You

バカラックの曲でカーペンターズを1位に導いた曲でもありますが、この頃からR&B色が濃い感じがします。カバーなのでセルフプロデュースとまでは行かないのかもしれませんが、すでに宇多田ヒカルのカラーが滲み出ているというか、BoAの激しいダンスとは対照的なダンス?っぽい動きもしています。

YouTube for ArtistsでBoAを検索すると、年間再生回数トップはこの曲です。
BoA / 「MASAYUME CHASING」(Short ver.)

この曲は2014年に日本でリリースされました。たしかに「Only One」に比べると曲調もダンスも日本に合ったものだと思います。それが全世界で視聴されているYouTubeの年間再生回数トップになるというのは、日本的な曲がBoAに合っているというように感じます。

ところで、上記はShort ver.ですが、再生回数がトップなのはFull ver.で、しかもAvexが日本では視聴を禁止しているのでそのままでは観れません。以下のリンクはProxFree経由によりアメリカで観る映像が観れます。

BoA 「MASAYUME CHASING」full song eng sub

次は有名な宇多田ヒカルのデビュー曲の中腰ダンスですが・・・
宇多田ヒカル – Automatic

BoA「Only One」のドラマバージョンです。
BoA 보아_Only One_Music Video (Drama ver.)

BoAはドラマにも進出しているので、このMVは伏線になっているように感じます。

最後に宇多田ヒカルの最新曲です。
宇多田ヒカル「花束を君に」(Short Version)

なぜこの二人が私の中で被るのかよくわかりませんが、共通項をあげればR&Bとかアメリカ的とかいくつか挙げられます。全く異なる生き方をしている二人ですが、目指しているものは似ているのかもしれません。私は二人ともMDウォークマンで聴いていたという共通点がありましたが・・・

ではでは、きらやん

(Visited 396 times, 2 visits today)

シェアする

フォローする