【BoA】日本デビュー15周年に感謝!そして10年前の「情熱大陸」での歌とは?!

BoA

BoAが日本デビューとなる5月30日、東京・ニコファーレでデビュー15周年記念イベント『BoA 15th Anniversary Special Party』を開催しました。2001年5月30日にシングル「ID;Peace B」で日本デビューを飾ってから丸15年。ファンに感謝を伝えました。その時の動画と、10年前に放送された「情熱大陸」で歌った「MOON&SUNRISE」を紹介します。

オリコンスタイルの記事から引用

歌手のBoA(29) が日本デビューとなる5月30日、東京・ニコファーレでデビュー15周年記念イベント『BoA 15th Anniversary Special Party』を開催した。2001年5月30日にシングル「ID;Peace B」で日本デビューを飾り、きょうで丸15年となったBoAは「あっという間にデビュー15周年を迎えた。ここにいる皆さんがいなかったらできていない。 ありがたい気持ちでいっぱいです」とファンに感謝を伝えた。

01年3月7日に六本木ヴェルファーレ(現:ニコファーレ)日本で初のステージを踏んだBoA。この日、15年前と同じ場所に立ち「(当時は)緊張感で いっぱいで、歌えなかった。ここに来たらトラウマが…。きょうは挽回する!」と宣言。ファンクラブから抽選で選ばれたファン150人の前で、デビュー曲と 最新シングル「Lookbook」の2曲をパフォーマンスし、思い出の地でリベンジを果たした。

14歳で日本デビューした当時は「日本語はそこまでしゃべれなくて、プレッシャーもあった」といい、現在の流ちょうな日本語を褒められると「そりゃ15 年いると上手になりましたよ!」とにっこり。会場では、BoAのこれまでの年表が映し出され、海外アーティスト最年少出演となった02年の『NHK紅白歌 合戦』、08年の全米デビューなどを回顧。1番思い出に残っているのは渋谷・109でのゲリラライブで「たまに思い出す」と明かした。

ファンからの質問コーナーで「今後やってみたいこと」をたずねられると、「バッキバキの曲を作ってみたい。私の作曲する楽曲はテンポが早くないので、激 しい曲を作ってみたい」と抱負。日本という場所は「自分にとって海外と考えていない。皆さんとは長く付き合った友達。心のふるさと」と話すと、ファンから 喜びの声があがった。

会場には三浦大知、EXO、SHINee、少女時代から祝福のビデオメッセージが届いた。BoAは「ありがとうございます」と喜び、最後にはファンに向け「今度は20周年を目指して頑張りたいと思います!」とさらなる飛躍を誓った。

BoA Special Live NOWNESS in JAPAN(Blu-ray Disc+スマプラ)

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

先ずは日本デビュー15周年記念パーティーの様子を紹介します。ビデオメッセージで、三浦大知、EXO、SHINee、少女時代も出演します。
BoAが15周年!三浦大知、EXOらが祝福コメ

BoAは29歳ですが、少女時代のテヨンが27歳なので2歳しか違わないですね。いかに若い時にデビューしたかがわかります。2001年というと、中島美嘉がデビューした年ですし、安室奈美恵が小室哲哉のプロデュースから離れた年でもあります。韓国でも人気の高いこの2人のアーティストとBoAは、なぜか私の中では被ります。

10年前にBoAが「情熱大陸」に出演しています。2006年なので日本デビュー5周年で、BoAが20歳の誕生日を迎えた年でした。そしてこの番組の最後の方でBoAが歌った「MOON&SUNRISE」を聴いて、少々ショックを受けた記憶があります。

2006.11.26 MBS 정열대륙 – BoA

全部ひらがなで歌詞を書いていますが、1文字「涙」だけ漢字で書いています。おそらく「涙」は文字や単なる言葉ではなく、意味を持ったものとして漢字を使ったのだとは思いますが、デビュー当時の日本での生活がよほど辛かったように感じました。

私は東京に就職した後ですぐに北海道に転勤になりました。まったく知り合いが居なかったのと、あまりに環境が違っていたので慣れるまで辛かったです。苫小牧と室蘭の間の30kmの道のりを毎日車を運転して往復していたので、一流メーカーに就職した友人たちが羨ましかったです。

ところが、ある日の帰り道に、疲れていたので途中の路肩に車を留めて海岸に降りてゆき、砂浜に座ってぼーっとしていました。ふと顔を上げると、水平線に沈んでいく太陽と夕焼けのあまりの美しさに気が付いて、暫しその景色を眺めていました。

この美しい景色を彼らは見られないだろうなあと思うようになると、なんだか元気が湧いてきて、それからの生活は一変しました。仕事だけでなく、プライベートの時間も変わり、今から考えると人生で最も楽しくて充実した時期だったような気がします。

最後に、BoAが初めて書いた失恋ソングを紹介します。2006年なので「情熱大陸」と同じ時期のライブです。
BoA the LIVE 06 – MC / Winter Love [HD]

「音楽はボーダーレス」

ではでは、きらやん

(Visited 263 times, 2 visits today)

シェアする

フォローする