少女時代【ユナ】清純派からの脱皮に成功した女優とは?!

少女時代【ユナ】清純派からの脱皮に成功した女優とは?!

少女時代でデビューする前から女優として活躍していたユナが、最近女優に目覚めて清純派から演技派へと転向を図りつつあります。少女時代のユナはまさに女性アイドルとして多くの女性が憧れる存在ですが、本人はどう思っているのでしょうか?

スポンサードリンク

Kstyleの記事から抜粋を引用

少女時代 ユナが“可愛くてはダメ”なアンナで戻ってきた理由


写真=SMエンターテインメント

「アンナは私にとって挑戦でした」

tvN「THE K2」の予告映像が公開されたとき、その中に私たちが知っている少女時代のユナはいなかった。3年ぶりに女優として戻ってきたユナは、顔を黒くして裸足でアスファルトの上を走り、恐怖の眼差しで「助けて」と叫んだ。

ユナは「THE K2」で大統領候補チャン・セジュン(チョ・ソンハ)の娘コ・アンナ役を演じた。チャン・セジュンと内縁関係だった女優(ソン・テヨン)が生んだ娘で、世間に知られてはならない運命を持ち、継母でチャン・セジュンの妻であるチェ・ユジン(ソン・ユナ)によってスペインの修道院に送られ、徹底的に監視される生活をおくらなければならなかった。世間を信じられず、敏感だが一人で何もやったことのない子供のような人物だった。

ユナは「『THE K2』をするまでブランクが3年もあった。これまで演技への渇きというか、待ちに待っていた。アンナは私がいつもやってきた感じの役ではなかった。作品に入りながら、自ら『新たなカラーで演じることを目的にしよう』と思った」と述べた。結果は大成功だった。“天真爛漫さ”を脱いで“アンナ”を身にまとい、成功した。「THE K2」の放送中、ユナのイメージチェンジが通じたと言う好評が並んだ。

「アンナは難しいかもしれないし、また上手くやれるような感じもするキャラクターでした。クァク・ジョンファンプロデューサーとアンナについて話し合いました。監督が最初、バルセロナに撮影しに行く時から、“可愛くてはダメだ”と強調されました。いつも見ているユナが見えてはいけないと言う意味だったのかもしれません。私が“ユナ”を脱ぎ棄てることを恐れるかもしれないと思われたのかもしれません」

しかしユナは恐れなかった。「髪ももっとボサボサにして、顔も汚そうに黒く塗って、衣装も汚して、裸足で走ったりもして。プロデューサーに『大丈夫か?』と聞かれると『私は大丈夫です。もっと行きましょう』と言った」と笑った。そのおかげでアンナの強烈な初登場は、ユナのイメージチェンジの成功を知らせた。その後もアンナと言うキャラクターに対するイメージを形成するため、重要な役割を果たした。

写真=tvN

スポンサードリンク

全文は以下です。
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2057336&categoryCode=IV

ラブレイン《劇場ver.》『運命の恋』編/『禁じられた愛』編 (DVD/2枚組)

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

先ずは「The K2」の紹介動画です。
THE K2 番組紹介 & 制作発表会 【日本語字幕】

役柄が従来のユナのそれとは全然違うシリアスなこともあり、ユナの演技が迫力を増しています。リアルな大統領スキャンダルの真っ只中にある韓国なので、このドラマのリアリティーが増しているのではないでしょうか?

日本でも80年代にアイドルとして高い人気を誇った小泉今日子が女優として大成しているので、表現者という観点からは歌手も女優もベースは同じなのかもしれません。
小泉今日子×二階堂ふみW主演/映画『ふきげんな過去』予告編

小泉今日子はもう50歳ですが、今年に入って舞台、映像、音楽、出版などを企画製作するプロジェクト「明後日」を立ち上げ、第1弾作品として舞台『日の本一の大悪党』で初めて演出とプロデュースを手掛けるという、まさに「挑戦し続ける女性」として活躍中です。カッコいいです。

女優と歌手の二つの顔を持つユナですが、先輩の女優は「ユナはアイドルではなく女優」と話すそうです。ユナはまだ26歳なので、「挑戦し続ける女性」に挑戦し続けて欲しいと思います。

「どれだけ白紙にできるかで、技術の半径が決まる」

少女時代【ユナ】8月3日中国向けデジタルシングル「Blossom」音源公開?!

ではでは、きらやん

(Visited 931 times, 2 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)