【TWICE】障害を持つ子どもたちの支援寄付キャンペーンに参加?!

TWICE

韓国ガールズグループ「TWICE」が寄付キャンペーンに参加することがわかった。音源サイト「genie」は最近、「TWICE」と共に聴覚に障害を持つ子どもたちに人口内耳の手術費を支援するリレー寄付キャンペーンである「genieミュージックチャレンジ」をおこなった。

WoW!Koreaの記事から引用

韓国ガールズグループ「TWICE」が寄付キャンペーンに参加することがわかった。

音源サイト「genie」は最近、「TWICE」と共に聴覚に障害を持つ子どもたちに人口内耳の手術費を支援するリレー寄付キャンペーンである「genieミュージックチャレンジ」をおこなった。

「genieミュージックチャレンジ」は歌手の歌唱点数に応じて、1点あたり1万ウォン(約1000円)ずつ寄付金が累積されるキャンペーンで、寄付を終えたアーティストは次のアーティストを指名することになる。

最初のアーティストである「TWICE」はニューミニアルバムに収録された「大切な愛」原曲を熱唱した。高い点数を得るためにチェヨンとダヒョンが原曲にないラップを即席で披露した。最終的に98点が出るとメンバーは“すごい”と叫びながら喜んだ。

2016年5月10日14時42分配信 (C)WoW!Korea

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。

2ndミニアルバム – Page Two (ランダムバージョン) (韓国盤) Import

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

最後のサラリーマン時代の5年間は「ユニバーサルデザイン」の部門で過ごしました。私の前の席に座っていた同僚は生まれつき耳が聞こえなかったので、仕事中はパソコンでチャットをして会話していました。席を離れての会話はメッセージボードやノートでの筆談が主でしたが、徐々に手話もできるようになりました。

手話教室に通って手話を習ったからですが、その中で、驚いたことに手話による歌を習いました。耳が聞こえないのに音楽はタブーだろうと思っていたのが、その先入観はもろくも崩れ去りました。

音楽は「体の動きで表現ができる」ことを知りました。たしかに楽器の音を聞くことはできないし、ボーカルを直接聞くことはできません。しかし、多様な表現方法があります。彼は唇が読めるので、歌の歌詞はわかります。そして声の長さもわかる。

音の高さとリズムさえこちらが表現すれば、耳が聞こえない彼にも音楽でメッセージが伝えられました。

「弱い立場の人を基準に考えれば、世の中はもっと豊かになる」

【Twice】日本人メンバー、韓国人も恐れる激辛に挑戦?!

ではでは、きらやん

(Visited 59 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です