【テヨン】「ソロアルバム、私らしさを見つけるのが宿題だった」?!

【テヨン】「ソロアルバム、私らしさを見つけるのが宿題だった」?!

少女時代のテヨンがソロアルバムに対する率直な気持ちを打ち明けた。韓国で14日に放送されたSBS「SBSテレビ芸能」では、最近ソロアルバムを発売したテヨンとのインタビューが公開された。

Kstyleの記事から引用

少女時代のテヨンがソロアルバムに対する率直な気持ちを打ち明けた。

韓国で14日に放送されたSBS「SBSテレビ芸能」では、最近ソロアルバムを発売したテヨンとのインタビューが公開された。

同日の放送でテヨンは「多くの方が『待っていた』とおっしゃってくださった。なぜこんなにソロアルバムの発売が遅くなったのかとか」と伝えた。

テヨンは「アルバムを準備しながら、何が最も大変だったか」という質問に対し「私らしいのが何なのか、それを見つけるのがとても大きな宿題だった」と答えた。

また「人々の偏見を少し破りたかった。私はOST(劇中歌)を多く歌ってきたではないか。『この子はまたバラードを歌うだろう』という偏見があったようだ」と付け加えた。

テヨンは7日に自身初のソロアルバム「I」を発売し、同名のタイトル曲で活動している。同アルバムは米ビルボードのワールドアルバムチャートで1位に輝くなど大きな人気を博している。

[ad]

少女時代 テヨン スペシャルセット 「FLYING PETALS」

広告

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

テヨンが15日に韓国の音楽番組「M COUNTDOWN」で1位を獲得した時の映像です。

[Today Winner] 151015 TAEYEON (태연) 1위 Win & Encore (엔딩) @ 엠카운트다운 M! Countdown [1080p]

今回は黒でしたね。白と黒の衣装を交互に着て出るのは何か意図があるのでしょうか?

アルバムタイトルの「I」は「私らしさを見つける」という意味ですね。それを歌で表現したわけですが、このテーマは意外とむずかしいです。

過去の自分が私らしさなのか、未来の自分がそうなのか、今なのか、時間軸だけでも多くの自分が居ます。さらに、今の自分でも外向きの自分と内向きの自分が居たりします。

アイデンティティーを確立するプロセスで最も重要な要素は、変化する普遍性です。

矛盾しているように思えますが、ブレない何かが自分の中にあれば変化できるわけです。そこをきちんと意識して発言や行動を起こせれば「私らしさが見つけられる」はずですね。

テヨンは今回そこに時間をかけたようですが、それはアルバム作りの上で重要なプロセスだったのではないでしょうか?

【少女時代】メンバー4人が一気に破局…残るカップルは?!

ではでは、きらやん

[ad]

(Visited 44 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

ブログランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 少女時代へ    にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へ

  
URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)