【少女時代】SURROUND VIEWINGとは?!

【少女時代】SURROUND VIEWINGとは?!

5月4日発売、少女時代 2015年ジャパンツアー映像商品「GIRLS’ GENERATION 4th TOUR-Phantasia- in JAPAN」のダイジェスト映像が公開されたので紹介します。また、ライブの映像を通信回線を経由してリアルタイムに遠隔地の3面の巨大スクリーンに映し出す驚異の技術とは?

スポンサードリンク

SMエンターテインメントが展開するSURROUND VIEWINGとは?

Kstyleの記事から抜粋を引用 (2015.4.23)

SMエンターテインメント(以下SM)が、コンサートと情報通信技術(ICT)を結合した「サラウンドビューイング(SURROUND VEIWING)」という新しいビジネスモデルを披露した。
少女時代Surround Viewing
SMは22日午後3時10分(現地時間)、チリ・サンティアゴに位置したエスパシオ・リエスコ(ESPACIO RIESCO)内パビリオン4にて、「SUPER JUNIOR D&E JAPAN TOUR 2015 -Present- SURROUND VIEWING in Chile」を開催し、SUPER JUNIOR DONGHAE&EUNHYUKの日本公演の実況をサラウンドビューイングを通じて鮮明に伝えて、劇場を埋め尽くした現地の観客たちの爆発的な支持を得 た。

サラウンドビューイングは、歌手たちのコンサートの実況を3面ワイドでの中継、客席の3面を囲うクリーンを通じて実況映像を上映するものだ。コンサートと ICTを結合し、世界中のどこにいても、まるで現場にいるかのようにリアルに公演を楽しむことができ、同日サラウンドビューイングイベントを観覧したチリ のファンたちはもちろん、現地の関係者たちの視線を集中させた。

特に、SMが今回初めて披露したサラウンドビューイングは録画中継だけで なく、世界中のどこにいてもリアルタイムの生中継も可能であり、地理的に遠いために公演などを披露することが困難だった南米地域をはじめ、世界中でより便 利かつ鮮やかに、K-POP公演のコンテンツを楽しむことができる新しい場を設けたという点で大きな意味を持つ。

それと共に、文化と技術が結合された新しい形のビジネスであり、全世界の主要都市を直接訪問して公演を展開する従来の公演ビジネスを活用した新たな収益事業であるだけに、サラウンドビューイングは新しい公演コンテンツビジネスとして浮上する見通しだ。

ま た同日、チリ・サンティアゴで、サラウンドビューイングを通じて上映された映像は、SUPER JUNIOR D&Eの日本ツアーコンサートの実況で、22日午後6時30分には日本ハウステンボスに位置したSMTOWN THEATREと、同日午後7時30分にはソウル江南(カンナム)区三成洞(サムソンドン)のSMTOWN@coexartiumでも上映された。

こ のようにSMが試みたサラウンドビューイングおよびSMS(Surround Multi Screen)劇場技術は、ハウステンボスへのコンテンツ供給だけでなく、技術コンサルティングを通じてSMTOWN THEATRE@HUIS TEN BOSCHで運営されており、今後は東南アジアや南米などの全世界に多角的に拡大していく計画だ。

チリ・サンティアゴにて開催された SMのサラウンドビューイングイベントは、22日に締結された「韓国・チリ 情報通信技術(ICT)協力改正MOU」にサラウンドビューイングやホログラム公演などが含まれ、両国の映像先導技術交流の一環として開催された。同日の 現場には、チリを訪問した未来創造科学部のチェ・ヤンヒ長官とEBS放送局のシン・ヨンソプ社長、SMのキム・ヨンミン代表などが出席した。

GIRLS’GENERATION 4th TOUR -Phantasia-in JAPAN [Blu-ray]

スポンサードリンク

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

少女時代の4thワールドツアーでも使われた「SURROUND VIEWING」の映像が見つかりましたので紹介します。
[1080p] 160218 [SNDS] 4th TOUR Phantasia in SEOUL – SURROUND VIEWING [PREVIEW & TEASER(160215)]

映像メディアのリリースと同時に、映画館でのSURROUND VIEWINGもやって欲しいですね。とは言っても、おそらく通常の映画館ではこの技術は使えないと思うので、せめてVR(バーチャルリアリティー)化して、VRヘッドセットで観れるといいかも?

【3D VR】Youtubeが3Dのバーチャルリアリティーに対応?!

4th日本ツアーの映像作品のダイジェスト映像が公開されたので紹介します。
少女時代 – 「GIRLS’ GENERATION 4th TOUR-Phantasia- in JAPAN」ダイジェスト映像

これを観ると、Perfumeを思わせるハイテクで武装していますね。ハイテクだけではエンターテインメントにはならないので、周りのスタッフやクリエーターを相当強化してきているように感じます。そうすることで少女時代の先進性が益々発揮されるようになると思います。

それと、SURROUND VIEWINGのようなビジネスとが結びつけば、少女時代は向かうところ敵無しですが、パッケージデザインからは、アイドルからアーティストに大きくハンドルを切ったような意思や決意を感じました。

そうすると、表現力だけではなく、何を表現したいのか?というところが重要になってくると思うので、少女時代のこれからの方向性を見守りたいと思います。

「DJ, put it back on?」by Tiffany
「We will do it!」by SNSD

【少女時代】Japan 4th Tour 最終日を完全収録したライブ映像作品をリリース?!

ではでは、きらやん

(Visited 61 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)