【少女時代】デビューした頃はどんなだったのか?Youtubeで観ると?!

【少女時代】デビューした頃はどんなだったのか?Youtubeで観ると?!

以前から気になっていたのですが、少女時代はデビューした頃はどんなだったのか?ということです。KARAはカッコイイ系の「Break It」で失速して、デビュー後1年くらい低迷していました。少女時代も低迷時代があったのか?やはりカッコイイ系だったのか?Youtubeを遡ってみました。

デビュー曲「Into The New World」はEDM系だった?!

私が最初に目にしたのは、ティファニーの笑顔で有名なミュージックビデオでした。ところが、今回見つけたYoutubeのライブ映像はイメージがまったく違います。これです。
SNSD 少女時代 into the new world (remix ver)&仲宗根梨乃 「GENIE」

完全にリミックスされていて、ほぼEDMと言って良いと思います。それに合わせて、ダンスパフォーマンスも激しくなっています。歌いながらこれほど激しく踊れるガールズグループはおそらくそうはいなかったのではないでしょうか? この時期にすでにその非凡さが顕在化しています。

もうひとつこのYoutubeで気が付いたのは、センターで歌った後に袖にはける時に、ピョンピョンスキップしながら後ろに付いています。当たり前の光景ですが、日本のグループだとハイヒールを履いているせいか、ちょこちょこ小走りにフォーメーションを変えます。

あのピョンピョンスキップに少女時代の凄さが見えてきます。つまり、その最中にも踊っているからです。フォーメーションを変える時にも踊り続けるという、当たり前なのに全体のパフォーマンスの質を高めています。
[ad]

カッコイイ系でもソヒョンが居たから違っていた?!

ソヒョンのダンスはこの頃から凄いですね。

[HD 720p] Solo Dance @ Hyoyeon (SNSD) – Into The New World 1st Asia Tour

広告

グループの中にレベルの高い人が1人でも居ると、全体のレベルがなぜか上がります。何か見えない力が働いて引っ張り上げてくれるようです。ソヒョンはダンスに関して、少女時代のレベルを引っ張り上げたと思います。個人としての才能だけでなく、グループに貢献した功績は大きいと思います。

これ以外にも多くのYoutubeがありましたが、今と比べるとイメージが違っていることに気がつきます。それはビジネスの側面や、アーティストとしての側面などが複雑に絡まって、必ずしも自分たちの総意としてやりたいことができているとは限らないかもしれませんね?

少女時代 2016 シーズングリーティング (韓国盤)(初回限定ポスター/特典付)(ワンオンワン店限定)

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

私が少女時代で最も好きな曲は「Into The New World」ですが、作曲はKenzie(キム・ヨンジョン)さんです。この人が作曲した曲の中で、次に好きな曲が「Diamond」です。英語なので、最初はカバー曲かと思っていましたが、Kenzieさんの作曲と知りさすがだと思いました。今の季節にピッタリの名曲です。
[日本語字幕] Diamond – 少女時代

まあ私はもともとマニアックでオタク趣味なので、マイナーな曲を好きになる傾向がありますが、そういう音楽ファンも楽しませてくれる少女時代は素晴らしいと思います。

少女時代【テヨン】ミニオンズと撮った動画を公開“Merry Christmas”?!

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 325 times, 2 visits today)

関連コンテンツ

ブログランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 少女時代へ    にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へ

  
URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)