少女時代【ソヒョン】ロジカルとヒューマンが共存する宇宙的美少女?!

少女時代【ソヒョン】ロジカルとヒューマンが共存する宇宙的美少女?!

少女時代のマンネ(末っ子)ソヒョンに対するKstyleのインタビュー記事から見えてきたソヒョンの魅力について紹介します。徹底的に自己管理をする一方で、自由奔放な発言や謎の行動をする宇宙的美少女の人物像に迫ります。

Kstyleの記事から抜粋を引用

少女時代 ソヒョンが語る「メンバー」「演技」「美の秘訣」

つまらない模範生だと思ったら大間違いだ。非常に巧みで率直で、時には挑発的だ。デビューして9年、練習生の期間まで合わせるとなんと15年間、自身が選択した道の上で揺れることなく歩んできた、どっしりした重みまで感じられる。アイドルを超えてミュージカル、ドラマまで網羅し、自分だけの新たな道を開拓している冒険家でもある彼女。相変わらず少女のようだが、人々が知らなかった新しいソヒョンに会った。

―事前制作ドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」の撮影が終わった。少し暇になったか?

ソヒョン:ドラマを撮影する時よりは少し余裕があるけれど、相変わらずスケジュールが詰まっている。公演もするし、広告撮影もしている。

―ドラマの話からしてみよう。複雑な事情のキャラクターを担当した。

ソヒョン:軽いキャラクターではない。ドラマで表現されない部分まで考えて演技しなければならなかった。本格時代劇でもなく、完全に現代的なものでもなかったので、監督と共に悩んだ。その中間を取るのが難しかった。

―少女時代は女優業もしているメンバーが多いが、アドバイスをもらったか?

ソヒョン:正直「こうしなさい、ああしなさい」というアドバイスはしないほうだ。その代わり、一生懸命チェックしてくれる。「これからはこうすれば良いね。今回はこれが良かったよ」など、メイクやヘアスタイルなどについてお互いにチェックしてあげるほうだ。

―時代劇の演技より先にミュージカルを始めたが。

ソヒョン:本当に容易ではない分野だ。しかし、元々演技が好きだったし、練習生の時から演技と歌を一緒に準備していた。オク・ジュヒョン姉さんの公演を見て、ミュージカルをしたいと思った。軽はずみな気持ちで始めたらいけないとも思った。だから少し始めるのは遅かった。

―ミュージカルにすごく愛情を持っているように見える。

ソヒョン:ミュージカルをしてすごく勉強になったし、たくさんのことが分かった。息の長い役者になりたい。まだ未熟だけれど、短所を補っていきながら良い女優として観客と呼吸したい。やればやるほど楽しいし、抜け出せない魅力がある。

―少女時代がデビュー9年を迎えた。

ソヒョン:本当に実感が沸かない。もう9年が過ぎたことが信じられないし、そんなに長くなかったような気がする。しかし、考えてみると、本当に長かった。最初は皆10代だったけれど、もう20代半ばと後半だ。それを考えると長く感じられるが、皆でいると、長かったとは思えない。

―9周年を記念してファンソングを発売した。スヨンが歌詞を書いた。

ソヒョン:デモ曲をもらった時から私たちが表現したかった情緒とぴったりだった。複数の曲があったけれど、曲の選択も私たちがした。スヨン姉さんが歌詞も自分で書いた。実は私も歌詞を書いたけれど、競合の末、僅差で落ちた。姉さんが本当に良い詞を書いたので、結果を受け入れる(笑) 歌詞にファンへの気持ちがすごく良く込められているのが良かった。

広告

―レコーディングする時も格別な気持ちだったのではないだろうか。

ソヒョン:デビュー当初のことをすごく思い出した。コンサートの時にファンたちがペンライトを振りながら感激している表情も思い出した。そんなステージで目を合わせると、何というか、共鳴できるというか。そういう感情をたくさん思い出した。皆でレコーディングしたのを聞いた時は涙が出た。私たちにとっても本当に大切で意味のある曲だ。

―アイドルの“7年目のジンクス”という言葉があるほどだが、少女時代は9周年を迎えた。秘訣はあるか?

ソヒョン:メンバーたちとは仕事の関係ではなく、家族のように暮らす。これからもこのような関係が続くと思うし、続いてほしいと思う。ガールズグループが長くやっていくのは容易ではないと言うが、私たちも今まで来れたことについて、お互いに感謝している。大変な時期を一緒に耐えてきたから。これからに関することで話に花を咲かせたりする。「20年後には子どもたちを連れて集まる」といった話。本当にそうなってほしい。

以下省略

全文はKstyleの以下のURLに行ってご覧ください。
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2053709&categoryCode=IV

GIRLS’GENERATION -Phantasia-in JAPAN [Blu-ray]

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

私が印象に残っているソヒョン関連のYouTube映像をいくつか紹介します。

SNSD(少女時代) – ソヒョン 融通が利かない模範少女。

このソヒョンの発言を聴いて、私はスタートレックに出てくるミスター・スポックを思い出しました。「それがロジカル」が口癖の宇宙人(実は地球人とのハーフ)ですが、論理的な思考が得意なようです。

SNSD(少女時代) – テヨン お母さんは、禁句です。

ソヒョンのお母さんはロジカルな感じかと思っていましたが、意外にも物凄くヒューマンな人でした。おそらくソヒョンのロジカルさは父親に似たのかもしれません。ロジカルとヒューマンが共存する宇宙的美少女の誕生ですね。

SNSD(少女時代) – ソヒョン KARA とは、比べられない!  

ソヒョンはバラエティー番組でも冗談が言えない性格のようです。さらりと流せばいいところを全力で受け答えしているのが素晴らしいです。こういうシーンはあまり日本の番組では観られませんね。また、MCがソヒョンの性格を知った上で質問しているので、困ったもんです。

[日本語字幕] 少女時代 テヨン&ソヒョン- “Lion Heart”ダンス論争  

なにげないシーンですが、ソヒョンが他の年上のメンバーに可愛がられていることは伝わってきます。おそらく、他のメンバーからソヒョンはある意味でリスペクトされているような気がします。それが宇宙的美少女の本質なのかもしれません。

[STATION] 유리 X 서현_Secret_Music Video

宇宙的美少女と黒真珠美女の共演はカッコいいです。

【少女時代】ユリ&ソヒョン「Secret」日本語字幕版MVとiTunesランキング?!

ではでは、きらやん

(Visited 216 times, 2 visits today)

関連コンテンツ

ブログランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 少女時代へ    にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へ

  
URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)