KARA、3人が事務所退社…後輩【RAINBOW】の動きに関心集中?!

KARA、3人が事務所退社…後輩【RAINBOW】の動きに関心集中?!

RAINBOWにもう一度チャンスが与えられる。2月のカムバックを確定したのだ。同じ所属事務所の先輩グループKARAが契約満了でそれぞれの道を行く時点であるだけに、彼女らのカムバックはさらに注目を浴びるとみられる。

スポンサードリンク

Kstyleの記事から引用

RAINBOWにもう一度チャンスが与えられる。2月のカムバックを確定したのだ。同じ所属事務所の先輩グループKARAが契約満了でそれぞれの道を行く 時点であるだけに、彼女らのカムバックはさらに注目を浴びるとみられる。これまでメンバーたちもソロ活動を通して認知度を高めており期待が持たれる。

特にファンたちと大衆からの応援が大きな力になり得る。いわゆる“ブレイクする”様々な要素を備えており、多様な活動で名を知らせたが、爆発的な人気は得ていない状況だ。そのため、ファンたちの応援と励ましが続いている雰囲気だ。

ガー ルズグループKARAが事実上解散している中、同じ所属事務所のRAINBOWが来月カムバックを確定したことが伝えられた。DSPメディアの関係者は 16日OSENに「RAINBOWが来月カムバックすることは事実だ。日付は決まっていないが、来月のリリースを目標にアルバム作業を行っている」と話し た。

これでRAINBOWは昨年発表したアルバム「INNOCENT」を発表して以来、1年ぶりにカムバックすることになった。特に15 日、KARAの3人のメンバーハラ、スンヨン、ギュリがDSPメディアとの契約満了により、所属事務所を離れることとなった中での後輩ガールズグループの カムバックのため、一層注目が集まっている。

これまでRAINBOWの活動支援が少し惜しかったことは事実だ。だが、今回は違う。本人たちも今回の活動に死活をかけてアルバム作業に参加しているという。特に今回はRAINBOWメンバーたちの参加度も高まったと伝えられ、一層期待されている。

前回の活動以来、メンバーそれぞれがソロ活動により認知度を高め、経験を積み重ねてきていることも、今回の活動の成功の可能性を高めている。はっきりとした頭角を現してはいなかったが、様々なバラエティ番組で活躍し、空白を埋めてきたのだ。

RAINBOW はボーカルとパフォーマンス、ルックスと才能まで備えているチームにもかかわらず、持っている能力より良い成績をだすことができなかったため、ファンたち が残念に思っていたチームの1つだ。「A」「Tell Me Tell Me」「MACH」などの曲は、反応は良かったものの少し物足りない部分もあった。

しかし、様々な可能性を確実に見せてきただけに、今回のカムバックへの期待は高い。果たして今回はどんな音楽やパフォーマンスでファンたちの前に現れるか、良い成果を収められるかに、期待と注目が集まっている。

[ad]

3rdミニアルバム – Innocent(韓国盤) Import

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

スポンサードリンク

KARAとRAINBOWにまつわるエピソードを2つ紹介します。両方ともKstyleの記事からの抜粋を引用しました。

RAINBOW「私たちにとってKARAは宿命のライバルであり、ロールモデル」

KARAとは仲が良いが、ステージの上で切磋琢磨するのは当然のことだ。RAINBOWにとってKARAはどういう存在だろうか。スンアは、「友人であり、お互い良い刺激を与える良きライバル」と定義した。

ジェギョンは、「KARAは宿命のライバルであり、ロールモデルです。KARAのようにならなきゃという目標となる先輩です。KARAの成功から学ぶことがたくさんあるし、目標を高く持つようになりました」と語った。

RAINBOW ジェギョン「KARAのメンバーになるところだった」と告白

ガールズグループRAINBOWのジェギョンが、同じ事務所に所属しているKARAのメンバーになるところだった事実を公開し、注目を浴びた。

ジェギョンは最近行われたKBS 2TVバラエティ番組「家族の品格-フルハウス」の収録で「10年前、KARAのメンバーとして所属事務所に入ってきた」と明らかにした。

しかし、ジェギョンは「可愛いKARAの初期のイメージと合わない」という事務所の判断によって、新しく結成されたRAINBOWに入り、練習生生活を始めたという。

ジェ ギョンはRAINBOWとしての練習生生活が長引いて落ち込んでいた時、所属事務所から「KARAとしてデビューする? それなら今すぐにデビューできる」という甘い提案を受けたが、「RAINBOWのメンバーと一緒ならいつか必ず成功するだろうと考え、その提案を断った」 と言い、RAINBOWへの愛情をアピールした。

また、ジェギョンが入らなかったKARAにはハラとジヨンが合流したと説明した。ジェギョンは「家族のようなRAINBOWのメンバーたちができたので、当時の選択に悔いはない」と思いやりのあるリーダーの姿を見せた。

ジェギョンの決断は正しかったと歴史が証明してしまいました。問題はこれからですが、KARAの上を飛んでみよう!
Kpop RAINBOW – A & MACH 720P

5年前のパフォーマンスですが古臭さは感じ無いですね。AOAなどのベースになっているような気がします。カッコイイ系なのに切なさも漂っていて、韓国よりむしろ日本で受けそうなんですが・・・

2月のアルバムに期待しましょう。 頑張れ!

【ニコル】2ndシングル「DON’T STOP」の写真を公開?!

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 63 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメント/トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. fantastic putt up, very informative. I pondder why the opposite
    specialists of this sector do not notice this.
    You must proceed your writing. I’m confident, you’ve a great readers’
    base already!

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)