【KARA 】ヨンジ、「恋禁術師」初めての演技挑戦記(総合)?!

【KARA 】ヨンジ、「恋禁術師」初めての演技挑戦記(総合)?!

KARAのヨンジと女優チョ・ヘジョンが、女優としてしっかりした第一歩を踏み出した。ウェブドラマ「恋禁術師」の制作発表会が1日に行われた。「恋禁術師」とは、“恋愛禁止技術師”の略語で、恋愛が障害物になった就職戦争の中で、恋愛禁止を叫ぶドラマに登場する大学のサークルの名前だ。

Kstyleのきじから引用

KARAのヨンジと女優チョ・ヘジョンが、女優としてしっかりした第一歩を踏み出した。

ケーブルチャネルMBC every1が新たに披露するウェブドラマ「恋禁術師」の制作発表会が1日午後2時、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区汝矣島(ヨイド)CGVにて行われた。

「恋禁術師」とは、“恋愛禁止技術師”の略語で、恋愛が障害物になった就職戦争の中で、恋愛禁止を叫ぶドラマに登場する大学のサークルの名前だ。

恋愛のロマンでぎっしり埋まった大学新入生の主人公オ・ヨンジ役はKARAのヨンジ、ヨンジの友人でありルームメートであるユジン役はHELLOVENUSを離れて女優に変身したユ・アラが演じる。ヨンジが一目惚れしたサークルの会長ソ・ジュンオは俳優ハン・ギウンが演じる。それ以外にBoys Republicのスウン&ソヌ、モデルのソン・ヘナ、俳優チョ・ジェヒョンの娘として有名なチョ・ヘジョンなどが出演する。

役者として第一歩を踏み出す出演陣が目立って多く見られる「恋禁術師」。それにより、どの制作発表会より「恋禁術師」の俳優は切実さと切々とした思いがいっぱい詰まった作品に対する話を語った。

「初めてのドラマ撮影だったが、とても素敵な俳優、スタッフらと一緒で幸せだった。今後の女優活動も見守ってほしい」と口を開いた主人公ヨンジは、「初めての演技挑戦なのに、女性主人公を演じることになり、責任感が大きかった」と打ち明けた。

引き続きヨンジは、「KARAのギュリ姉さんが、キャスティングされてから1時間ほど練習室で一緒に悩みを分かち合ってアドバイスもしてくれた。姉さんが自身の経験にもとに多くの話をしてくれて、大きな力になった」と告白した。

SBS「ニュー!日曜日は楽しい-お父さんをお願い」で、父親である俳優チョ・ジェヒョンとの日常を披露しているチョ・ヘジョンもまた、初めての演技挑戦について「初めて正式に演技することになったが、この役どころがとても演じたかった。熱心に演じたので温かい気持ちで見てほしい」と、愛嬌いっぱいの挨拶でムードを高めた。

彼女は、「ヨンジはギュリ姉さんがたくさん助けてくれたと言うが、父は私がオーディションに行くことも知らなかった。私が家族のグループトークで予告映像を見せたが、母からは可愛いという反応が来たが、父は返事もなかった」と話して笑いを誘った。

広告

制作発表会の終盤に二人は、ドラマの物語のように就職のために恋愛をあきらめる同じ年頃の人々にメッセージを残した。ヨンジは「就職と共に恋愛もしながら、二羽のウサギを必ず捕まえてほしい。あきらめないで」という話を、チョ・ヘジョンは「就職に対するストレスを一人で背負うより、自分を大切にしてくれる人と分かち合ってほしい」というメッセージを伝えた。

「恋禁術師」はNAVER tvcastより5日午前11時に、MBC every1より8日午後8時40分から放送される。

[ad]

KARA/カラ/ヨンジ/タペストリー/60cm×90cm/特大

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

ヨンジはデビューしてからまだ1年ちょっとなのに、もう女優デビューですね。しかも主役。日本では中島美嘉がドラマの主役で女優デビューし、その主題歌を歌って歌手デビューもしたという例があります。

女優も歌手も同じ表現者だから、核の部分では共通したものがあると思います。さらにソロ歌手もあると思うし、どれかひとつを選ぶ必要もないでしょう。

いろいろな分野での経験がKARAでの表現に貢献すると思います。だからギュリも熱心に女優ヨンジへのアドバイスをするのだと思います。もっともギュリは同じ運命共同体のメンバーとして、いや戦友として損得抜きでヨンジを応援しているだけかもしれません。

ヨンジの魅力は少女性と大人の女性の二面性の間のギャップにあると思います。それは演技にプラスになると思うし、オンリーワンになれると思います。

【f(x)】4人組としてステージに登場「新アルバムについては秘密」?!

ではでは、きらやん

[ad]

(Visited 28 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

ブログランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 少女時代へ    にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へ

  
URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)