【Apink】新アルバムタイトル曲「Only One」日本語字幕版MV紹介?!

【Apink】新アルバムタイトル曲「Only One」日本語字幕版MV紹介?!

Apinkは26日に3rdフルアルバム「Pink Revolution」を配信リリースしました。iTunes K-POP部門で1位、ポップ部門で4位と好調なカムバック。タイトル曲「Only One」のYouTube日本語字幕版MVとフルアルバムオーディオMVを紹介しますが?

Kstyleの記事から引用


写真=PLAN Aエンターテインメント

26日に活動を再開するガールズグループApinkがタイトル曲「私がドキドキできるように」の予告映像を追加公開し、カムバックへのカウントダウンが始まった。

Apinkは23日正午、Apinkの公式YouTubeチャンネルを通じて3rdフルアルバム「Pink Revolution」のタイトル曲「私がドキドキできるように」のミュージックビデオの予告映像を追加公開した。

公開された予告映像の中でApinkは、真っ白なワンピースとロングヘアで“初恋そのもの”と言えるビジュアルを披露し、清純さをアピールした。そこにより一層女性らしく成熟したメンバーたちの愛らしい容姿で女神のビジュアルが完成した。

薄い雲が広がっている背景の中で、Apinkのメンバーたちはまるで水彩画のような透明できれいな色感の映像で妙な神秘感を与え、見る人々の胸をときめかせた。

ここにApinkの感性的なボーカルが際立つ3rdフルアルバム「Pink Revolution」のタイトル曲「Only one」のハイライト部分が公開され、曲全体への期待がさらに高まった。

26日、3rdフルアルバム「Pink Revolution」を引っさげて活動を再開するApinkは、Black Eyedピルスンをはじめ、シンサドンホレンイ、ボミナンイ、ZigZagNote、Dsign Musicなど韓国国内外のヒットメーカーとの作業を通じて音楽のクオリティをより一層高めた。Apinkが様々なジャンルとコンセプトを試み、特別な愛情を込めて作った今回のアルバムを通じて見せてくれる音楽の成長と変化に、ファンの関心が集まっている。

Apinkの所属事務所は「Apinkは26日に韓国で活動を再開し、本格的な活動に乗り出す。韓国での活動を終えると、11月には台湾、シンガポール、マニラなどでツアーを開催し、アジアのファンと出会う予定だ」と語り、韓流ガールズグループならではの活動計画を明かした。

Apinkは26日午前0時、3rdフルアルバム「Pink Revolution」を公開し、タイトル曲「私がドキドキできるように」で韓国で本格的な活動を開始する予定だ。

3集 – Pink Revolution (韓国盤) Import

広告

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

タイトル曲「Only One」の日本語字幕版MVです。
Apink – 내가 설렐 수 있게 (日本語字幕)

3drフルアルバム「Pink Revolution」オーディオMVです。
[Full Album] Apink – Pink Revolution (3rd Album)

29日付けのiTunesランキングで、K-POP部門は1位でした。
Apinkそれだけでなく、ポップ部門でも4位でした。
ApinkApinkとしては好調な滑り出しだと思います。

フルオリジナルアルバムとしてよくまとまっていると思います。一聴してApinkだとわかるメロディーラインを保ちつつも、今風の低音のビート感を強調したEDMっぽい作りですし、ジャズっぽいハーモニーを随所にちりばめてリッチなサウンドに仕上げています。全員ボーカルの強みだと思います。

ただ、願わくばこれこそApinkだというチャレンジが欲しかったと思います。若者グループどうしの戦いに加わる必要は無いと思うので、目標を目指したApinkらしい強烈なパンチの効いた曲が聴きたかったですね。

とは言いつつ、この曲はイイ感じですね。
160926 에이핑크(Apink) – Boom Pow Love @ 쇼케이스

「Only One」と言えばBoAですが、こんなのはいかが? Hidden 3 Singers
제 4 라운드 보아 ‘Only one’ ♪ – 히든싱어4 1회

アドリブはさすがですね。

【Apink】ライバルはAOAとNMB48、その先にはAKB48が見えている?!

ではでは、きらやん

(Visited 231 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

ブログランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 少女時代へ    にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へ

  
URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)