【AOA】vs Apink 韓国ガールズグループの売上げ動向?!

【AOA】vs Apink 韓国ガールズグループの売上げ動向?!

『Ace of Angels』は、AOAの日本1stアルバムでこれまで日本で発表したシングル曲など11曲を収録した作品となっており、リリース初週に1.8万枚を売 上げた。もっとも売上げた地域は、東京6300枚で東京だけで総売り上げの3分の1を占めた形だ。

ビルボードジャパンの記事から引用

10月26日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”では、韓国のガールズグループ、AOAの『Ace of Angels』が1位となった。

『Ace of Angels』は、AOAの日本1stアルバムでこれまで日本で発表したシングル曲など11曲を収録した作品となっており、リリース初週に1.8万枚を売 上げた。もっとも売上げた地域は、東京6300枚で東京だけで総売り上げの3分の1を占めた形だ。そして、2位に大阪2900枚が続いていて、その他の地 域では、4桁の数字には届かなかった。

韓国のガールズグループは、東京で突出したセールスを出し、その他の地域では伸び悩んでいるのか。2015年8月26日に同じく日本1stアルバ ムをリリースした韓国のガールズグループ、Apinkの『PINK SEASON』(初週売上げ1.2万枚)との地域別初週売上げTOP10を比較した。

『Ace of Angels』
1位:東京
2位:大阪
3位:愛知
4位:神奈川
5位:兵庫
6位:福岡
7位:埼玉
8位:千葉
9位:京都
10位:広島

『PINK SEASON』
1位:東京
2位:愛知
3位:大阪
4位:神奈川
5位:埼玉
6位:福岡
7位:兵庫
8位:北海道
9位:千葉
10位:静岡

TOP10を見ると、両作とも1位は東京でそれ以下は大都市を抱える地域が並んでおり、8つの地域がそれぞれに共通して出てきている。『Ace of Angels』も『PINK SEASON』(1位東京1200枚、2位愛知560枚)も共に1位は2位の約2倍の数字となっていることから、東京が総売り上げを牽引していると言える だろう。そして、その他の地域のセールスが伸び悩んでいると共通して言える。今後、この2グループが大都市以外の地域までプロモーションをして新規ファン を獲得していくのか、またはこれまで通り大都市を中心としたプロモーションを続けるのか、これからの日本での展開に注目したい。

広告

[ad]

Ace of Angels(初回限定盤A)(DVD付) CD+DVD, Limited Edition

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

元モーニング娘。の高橋愛がAOAをベタ誉めしている映像です。これを見ていると、あれ?(一人だけ綺麗じゃなくて目立っている子がいるけど)と思ったら、それが高橋愛でした・・・やはりルックスでは勝てないわけだ。
高橋愛「キュンとなる」、AOAにメロメロ

韓国のアーティストのCD売上の特徴は、発売日から1週間で大半を売り上げるというスタートダッシュ型です。日本のアーティストだと比較的長い期間売れ続けます。

つまり、ほとんどはファンクラブ会員が買っているので、予約注文したCDが発売日あたりでわっと売れます。しかし、ライトユーザーはあまり買わないので、すぐに圏外に落ちてしまいます。

大都市にはファンクラブ会員が多いので、今回のような結果になったのだと思います。ライトユーザーの判断基準はほとんどが口コミなので、伝達速度が遅いです。その間に収束してしまうと、買う意欲が失せてしまいますね。

ところが、なぜかAOAはセールスに強いようです。マーケティングやプロモーションが積極的だからかもしれませんが、従来の韓国アーティストの傾向をぶち破るかもしれないですね。頑張れ!

【AOA 】K-POP Weeklyチャート<2015/10/12~10/18>で1位?!

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 132 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

ブログランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 少女時代へ    にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へ

  
URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)